かほりと記憶~ハーブティーが~

nose

年を重ねるにつれて、どんどん記憶があいまいになってくる。

その理由を、約三か月もすればほとんどが入れかわってしまう細胞さんのせいにすることもできるのだけれど・・・。でもときどきこう思うのです。

実は、ひとが覚えていられることには限りがあってそれは決まったサイズの袋みたいなものなんじゃないか、と。そして、その出し入れにはある感覚がとても大切にはたらいている、と。

”あいまい”になっているんじゃなくて、自分に必要じゃないものをその袋からポイっとしてしまっていて、袋がたくさんになったら、あるものは外に出さなきゃいけないし、すごい大事なものに限って入り口の方にあったりして・・・。その取捨選択もたいていは思った通りにいかないし、その量感はどうも3次元的ではないみたい。

本題。

この前、お客様との会話の中で、「あ~これこれ、この香り(前に飲んでいただいたブレンドを数年ぶりに思い出していた)」「あのとき、○○で××だったんだよね~」と。

そう!ハーブティーの”香り”を通して、記憶が呼び戻ったのです。
”かほり”について、自分のことを振り返っても、直接的にその香りが思い出されるんじゃなくて、その時の情景や出来事と一緒に引っ張りだされてくる。

”嗅覚”というのは五感の中でも、最も原始的な器官だそうです。脳に直接はたらきかける。だからこそ、自分の記憶(袋)につめる時に、感情や情景が一緒に取り込まれる。そして、時を隔ててもふっと、それらが湧いてくる。

P1010080


南の島でみた、地平線を打ち消すような、空に煌めく星たちと地上に飛び交う蛍の光たち・・・その時の潮のかおり。

北国の小さな島でみた、草原にたたずむ1頭の牛。・・・その時の草のかおり。

そして、我が子の今しかないかおり・・・今このとき。

自分が強く憶えていることは、どこか無意識的にかほりが結びついている。そして、身のまわりには自分が思う以上に素敵なかほりで溢れている。

ふだん、ハーブティーのブレンドのことをお客様にお伝えするとき、感覚を言葉として表現することの難しさを感じることがあります。というもの五感は多分に主観的なものであって、あくまでその上澄みをとって表現することではじめて、多くの人に伝わるコトバとなるから。

だからこそ、言葉だけでなくて、ハーブティーにとっても、とても大切な要素である”香り”をそのまま、ご自身の感覚で感じて頂いて欲しいと思うし、そんな機会を、今年は、もっと増やしていこうと思うのです。

※この記事は個人的な経験と感覚によるもので何の科学的な根拠に基づいたお話ではございません。

ハーブティーとアートのお店 京都西陣 たま茶
OPEN 12-19  定休日:木・金曜日+不定休あり
http://www.tamacha.net/

※【3月の臨時休業日】3月27日(日)
上賀茂神社手作り市に出店するため、西陣の店舗はお休みいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA