カテゴリー: JOURNAL

福岡紀行

色々な理由があってここ数年訪れている博多へ。先週末は、福岡護国神社での蚤の市にも参加致しました。蒸したと思ったら少しひんやりとして不安定なお天気ですしたが、雨もやみお天気に恵まれた二日間でした。2月の時は寒波だったことも忘れてしまうくらい気持ちの良いお天気でした。

たま茶、護国神社蚤の市in博多2日目。最高のお天気!フードブースにてお待ちしております〜 #蚤の市

一言で表現するならダイナミック。
大胆で、躍動的な、そんなお店が多かったように思います。
そしてお客様も!おしゃれな人が多くてとても刺激をいただきました。

商品に対する目もいい意味で厳しくて、何よりもありがたいリアクションをたくさんいただきました。

なかなかいつもは来ることができない場所だけれども、またきたいなと思わせてくれるこういう場所が1つでもふえるというのは、幸せな事ですね。

そして、どこに行ってもご飯がおいしいっていうのはやっぱり幸せ条件大事なポイント!今回は前日入りだったので、恒例になりつつあるうどん屋さんで晩ゴハンを。うどんのコシが讃岐のそれとは違って口のなかに入ると、ツルっとのあとにほろっとする食感が絶妙。そのことをだけを感じて欲しいとばかりのシンプルな内容。博多で入った店はどこも美味しくてやみつきになりそうです。

色々な理由があってここ数年訪れている博多に来ています。明日ハーブティー専門店の京都西神たま茶は福岡護国神社での蚤の市にも参加しております(関西お住いの方はヘムスロイド村へ!)。蒸したと思ったら少しひんやりとして不安定なお天気ですが、雨はやみそうで今から楽しみです。2月の時は寒波だったもの❄️明日朝に散歩しながらアイスとホットのチョイスを考えようと思います。 ・ 恒例になりつつあるうどん屋さんで前日の晩ゴハンを。うどんのコシが讃岐のそれとは違って口のなかに入ると、ツルっとのあとにほろっとす

話は前後しますが、

先週の水曜日にとある取材をしていただきました(内容はまた後日)。その時のライターさまがたまたま福岡出身の方(カメラマンさまも福岡の方)で、どこかオススメはないですか?と尋ねたところ、とあるコーヒー焙煎屋さんを教えていただきました。その時は時間とタイミングがあったら行けたらいいなぐらいに思っていたのですが、場所を調べてみるとどこかで見たことがあるアドレス。


なんと!そこは前もって予約してあった福岡でstayする予定だった場所の目と鼻の先だったのです!!・・・これは偶然なのか必然なのか・・・というお話(長文です)。


今回の福岡行きは初めて電車移動という形にチャレンジしてみました(お客さまからすれば何てことのないお話ですが、出店するとなると大ごとに)。そのおかげで?新幹線に乗っている間、ふだんできない本などを読んで過ごすことができました。とっても貴重な時間です。そのとき持っていた本は河合隼雄さんの「無意識の構造」で、ちょうど集合的無意識(普遍的無意識)のところを読んでいたので、今回のような”偶然”が自分にとっての”必然”なんじゃないかという思いをめぐらせました。


蚤の市で再会した俵山の「ユーカリとタイヨウ」さんともお店のあるあるで盛り上がったのですが、国会のそれとは違う、ハタラキカタ改革をしないとなぁと常々考えている今日このごろ。好きなことをしていているとはいえ、カラダはひとつ。家族との時間も大切だし、やりたいことも、よくしていきたいことも山ほどある。


個人でお店をするということについておそらくやり方に正解はない。一般的な正攻法として存在するものはたいていマクロなもので、大事なことはすごくミクロなものだと思う。
私がどうかんじてて、その眼の前にいるあなたがどう感じているか?その結果としてお客さま(まだお会いしていない方にも)にもそれがサービスとしても伝わる。そうありたい。

先日の喫茶店の方も、今回のコーヒー焙煎屋さんも長くお仕事をされている方々なので、色々具体的なことを聞きたいことはたくさんあっても、意外とコトバにまではあがってこず、どちらかというと空気感というか呼吸みたいなもの意識が向く。これもまた何がというわけではないので、説明ができないのだけれど、そこに流れている音楽だったり、ちょっとしたディスプレイの仕方だったり、動線のとりかただったり。きっとそこに至るまでの数多の試行錯誤がされてそれが自然なカタチで今があるのかなと。なによりもシゴトとの付き合い方・コミットの仕方に同じようなものを感じています。

こうやって日々自分が考えていることが、奥深くのどこかでつながって、自分の眼の前に何らかのカタチであらわれる。起こったできごとを単なる偶然にするかしないかは自分次第。そのためにいつも感覚のフタはあけていたほうがいいと思うし、そうすることでしか得られないものがある。なにかに意味を最初からもたせよう、ましてやすぐに結果を求めたりなんかしがちだけれども、その時の事象に対して自分がどういう立ち位置でいるかというのはとても大事だし、そこからしか育めない地力のようなものがある気がするのです。その上での必然性。そこをいまは積み重ねていけばいいのかな~

最後になりますが、その焙煎屋さんのご紹介。澄み渡るお味に舌鼓。
是非、お近く方、お立ち寄りの際は。
@トモノウコーヒー
http://tomono-coffee.com/

もう一つ。 ・ 先週の水曜日にとある取材をしていただきました(内容はまた後日)。その時のライターさまがたまたま福岡出身の方(カメラマンさんも福岡の方)で、どこかオススメはないですか?と尋ねたところ、とあるコーヒー焙煎屋さんを教えていただきました。その時は時間とタイミングがあったら行けたらいいなぐらいに思っていたのですが、場所を調べてみるとどこかで見たことがあるアドレス。 ・ なんと!そこは前もって予約してあった福岡でstayする予定だった場所の目と鼻の先だったのです!!・・・これは偶然なのか必然なのか・・

夏のハーブティーライフ

アイスハーブティー

アイスハーブティー

まだ、5月はじめだというのにもう真夏のようなお天気の日もちらほらと。

IMG_4772

お庭には時折、ヤマバトさんもお水を飲みにくるくらい・・・。彼らは毎年のように、庭木やら軒下に巣をつくることを試みるのですがなかなかうまくいかず・・・。鳴き声がいっしょなのでおそらく同じペアなので、ちょっと飼っているような気持ちになっています。

そして、今日はちょっと気が早いようですが、これから夏にかけてのオススメのハーブティーライフについて。

160529_banner_top夏のハーブティーライフ

ハーブティー=冬の寒い時、というイメージが強いですが、実は、暑い時にもこそオススメなのがハーブティーなのです。

ブレンド”まばゆい光”のアイスティー

ブレンド”まばゆい光”のアイスティー

気温があがるにつれ、ふだん過ごすお部屋やオフィスにはエアコンで、ひんやりとしてきます。そうすると、体と共に内臓も冷えた状態に。そういう時にこそ、水分補給と共に、体をあたたかくするようなお茶がオススメです(カフェイン入の飲み物ばかりですと水分を外に出ていってしまいます)。

また、暑い日には、キリッと冷えたビールといいたいところ(もちろん、店主も好きなのでいただきますが・・・)ですが、ただでさえ食欲が落ちて、内臓が弱った所に冷水はなかなかの体に負担となります。そこでオススメなのが、体の代謝をあげたり、デトックスの機能を持つハーブティーたちです。

弊店の通販では、お味の分類で
お茶っぽいブレンド”(http://shop.tamacha.net/?mode=grp&gid=1269619)の中の、

めぐりめぐる茶
http://shop.tamacha.net/?pid=65993422
金色のきらめき
http://shop.tamacha.net/?pid=71513398
赤い大地のちから
http://shop.tamacha.net/?pid=66788261

あたりがオススメです。

でも暑いものは暑い!そんな時には、アイスハーブティーがオススメ!!

アイスハーブティーのすゝめ

実はアイスでもとても美味しんです。その味わいは、通常のホットのお味とはまた別の表情をみせてくれます。IMG_1569
例えば、羊の時
http://shop.tamacha.net/?pid=65993498
は、リラックスほんわかなブレンドですが、アイスにすると、カモミールたちのお花の甘さがより引き立ちます!!ばら色の日々あたりはよりキリッとするので、お目覚めの時や、胃もたれがするときなどのリフレッシュにも・・・と、このように同じハーブティーでも変化したお味が楽しめるため、気候にあわせてホットとアイスが楽しめます。

また、定番としては、甘酸っぱいブレンド
http://shop.tamacha.net/?mode=grp&gid=1269618
は、アイスティーにするとよりスッキリした上にフルーティーさが増して人気です!

160516_アイスハーブティー作り方

 

IMG_1551

特別なものでもあるけれど、ふだんの暮らしにもハーブティーを。ぜひお試しください。

関東行脚 静岡&東京そして・・・

A&C 静岡手創り市。いいお天気の中無事終了致しました。 ・ 寒の戻りにしては戻りすぎの気温でしたが、きりっとした中の晴天にめぐまれ、自然の光のおかげで、護国神社の森の色や池の色、そして、作品たちがいつも以上に輝いているように感じました。 ・ 穏やかな中にも、ひとつしっかりと筋の通ったそんな場所な気がします。スタッフの皆様の秀逸なオペレーションを身に感じ、そして何を聞いてもきりっと返ってくる受け答えを聞いているとどれだけの準備をされたのか・・・同じ出店者様たちも見れば見るほど、これを作るのに、生み出すのに

4月の前半、ほとんどお店をしめて旅にでた関東行脚。

静岡についたあたりのSAで「いまから西陣行こうと思ってました~」っとお電話をいただいたり、やっぱりお店を閉めてどこかに行くことは、後ろ髪をひかれる部分は少なからずあるのだけれど、外に出ることでしか味わえないものというものがあって、そして原点でもある出店というのはいつも新鮮に感じられるものです。

おはようございます☀昨日の行き路の大雨がウソのよう。静岡は青空です。本日は #静岡手創り市 にてお会いしましょう。 ・ \\\\ たま茶、4月前半は関東へ // 西陣店鋪は4月7日(土)~4月16日(月)までお休み頂戴し、以下の出店を予定しております。 ・ 【静岡】 4/07sat&4/08sun ARTS&CRAFT静岡手創り市 https://ift.tt/1GickB0 ・ 【東京】 4/14satは天王州ハーバーマーケット@天王州アイル https://ift.tt/2HbaHLp 4/15sunは雑

まずは、今回で4度目の出店となるARTS&CRAFT静岡手創り市。

確か、はじめて出店したときから2回は2日のうち1日が雨だったり、ちょっとした嵐だったり、出店コンディションとしてはけっして良くない状態だったにも関わらず、それでも”また来たい”と思わせてくれるそんな場所。京都に戻ってからも、お店まで静岡からご来店いただいているお客さま多数。本当にうれしいです。

IMG_2745

毎回出店されている方も入れ替わりがあり、いつも新鮮な気持ちにさせてくれます。限られた空間の中での表現、光の使い方だったり、それを生かすための什器のレイアウトだったり、内容はもちろんのこと。この自然に囲まれた空気を感じながら、心地の良い”場”はそのひとつひとつが集まって産まれます。

IMG_2748

日本茶という立派なお茶の文化が身近にあるせいか、ハーブティーの試飲を手にとって頂けるお客さまも多いように感じます。すでに静岡で毎回お会いするお客さまも増えてきて、そんなホーム感も少しずつ感じながらの出店。お客さまのみならず、おなじ出店者さまもお子様連れがおおく、今回偶然にも両隣が息子と同じ年のお子様がいらしたりと、親子で楽しみました。

IMG_2746

この春は2日とも天候にめぐまれ、多くのお客さまにお立ち寄り頂きました。改めてありがとうございます!!やっぱり富士山は心をつかまれますね。

IMG_1127



そして、東京出店の次へ週末までは、横浜にある店主2の実家へ滞在。水族館・動物園・古都などなどを十分に満喫。旧友とも再会などしつつ充電を。

#reflectionたま茶今週は出店のため臨時休業頂いております。今日はサバンナへ。 ・ \\\\ たま茶、4月前半は関東へ // 西陣店鋪は4月7日(土)~4月16日(月)までお休み頂戴し、以下の出店を予定しております。 ・ 【東京】 4/14satは天王州ハーバーマーケット@天王州アイル https://ift.tt/2HbaHLp 4/15sunは雑司ヶ谷手創り市@鬼子母神神社 ※雨天の場合は中止 https://ift.tt/RrRI02 ・ 詳しいはスケジュールなどプロフィールにある弊店HPへhttp://www.ta

そして、週末土曜日、お初の東京出店。

IMG_1027

品川からも歩いていける天王州アイルで行われた「天王州ハーバーマーケット」さまへ。

明日14日(土)は第三回天王洲ハーバーマーケットに参加致します。お天気もなんとかもちそうです。Vol.3は会場が1.2Fに分かれていて、たま茶は2Fにおります。階段の昇り降りがありますが、脇にエレベーターもありますので、ベビーカーなど、お子様連れのお客様も安心してお楽しみいただけますよ!!はじめての場所なのでとても楽しみです!!!皆様にお会いできること楽しみにしております。 ・ ○天王洲ハーバーマーケットvol.3○ 日程▶︎4/14(土) 時間▶︎10:00-17:00 場所▶︎天王洲キャナルサイド(C

古道具・アンティークがメインですが、布モノをはじめFOODも充実。そして、倉庫リノベーションした空間はお子様連れでもOKな居心地のよい空間でした。

IMG_2907

ゆったりとした通路のおかげで、じっくりとお買い物ができるようになっているのかもしれません。

IMG_2915

はじめての会場ということもあり、じっくりと他の出店者さまを拝見することはできませんでしたが、上質なものをチョイスし、提案されているお店が多かったように感じております。またこちらにも・・・。

実は、この週の日曜日にもうひとつ出店を予定していたのですがあいにくの雨。こちらもずっと前から気になっていたマーケットなので、スケジュールがあえばいつかまた・・・。

そして・・・9月ころにまた東京にて企画を頂いているので、関東近郊にお住まいにお客様またお会い致しましょう!

もう少しで春が・・・

ガラスのもつ曖昧さ。固体でも液体でもない、透明なのだけれど、光を包み込むその柔らかい輪郭は生きものみたい ・ Ambiguity that glasses have softens a llight, and makes the fluctuated shape. It seems like cell walls which we have. ・ See you soon. ・ 京都西陣 たま茶 定休日:木・金 12~18 OPEN ・ #glassfusing #glassblowing #glass

ガラスのもつ曖昧さ。固体でも液体でもない、透明なのだけれど、光を包み込むその柔らかい輪郭は生きものみたい

Ambiguity that glasses have softens the light, and makes the fluctuated shape.
It seems like cell walls which we have.

すこし前までは寒波がっ!と言っていた列島ですが、あっという間に春がやってきたようなお天気がここ数日続いていました。お声掛けいただくイベントなどでも春”らしい”ことやものが増えてきましたね。

こちらの写真は製作しているガラスたち(吹きガラスとフュージングの技法を組み合わせたもの)。今年はこういった新たな展開(せいかくには復帰)もお披露目できそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お庭の”思いのまま”も見頃を迎えました。

今朝は鏡開きからスタート。町家でおなじみの株式会社八清さまにお声掛け頂き、昨年に続いての出店です。こちらはお宿の建物とのことで、採光の仕方などなどみどころ満載の建屋でした。 ・ 【町家deマルシェ】 日時  2018年3月10日(土)16:00まで 入 場 無料 会 場 Villa Toyoura(京都市東山区鞘町通五条下る三丁目豊浦町346) ・ 西陣のお店もOPENしております~。 ・ 京都西陣 たま茶 定休日:木・金 12~18時 OPEN ・ #お茶 #ハーブ #オリジナルブレンド #京都 #量売

八清さまにお声掛けいただいた「町家Deマルシェ」の一風景。はじまりのときです。

【掲載情報】 本日3/7発売「saita 4月号」に掲載して頂いております。セブン&アイ出版さまですので、全国のセブンイレブンはもちろんのこと、書店で手にとって御覧くださいね。眼トレ「猫を見るだけ」BOOKも必見ですよ、疲れ目の方も、猫好きの方も・・・ ・ 京都西陣 たま茶 定休日:木・金 12~18時 OPEN ・ #お茶 #ハーブ #オリジナルブレンド #京都 #量売 #herbaltea #ハーブティー #herb  #herbalteashop #teasalon #永作博美 #猫 #saita

3/7発売「saita 4月号」に掲載して頂いております。セブン&アイ出版さまですので、全国のセブンイレブンはもちろんのこと、書店で手にとって御覧くださいね。眼トレ「猫を見るだけ」BOOKも必見ですよ、疲れ目の方も、猫好きの方も・・・

たま茶OPENしております。※再投稿です。 今日は二十四節気の啓蟄(けいちつ)。 「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑) ・ いつもハーブをつめたり、こそこそとすすめるデスクワークときはいつも音楽をかけていて、そういう時はもっぱらお店ではかけていないような、アメリカンハードロックとかそういうものが気持ちがいいのですが、この季節はちょっと別。 ・ 大貫妙子さんの「あなたを思うと」という曲がとても好きでしょっちゅう聞いているのだけれど、昨日久しぶりに「祇園の恋」という名前で、山弦というユニットが弾いているオリジナ

ハーブティーもみなさま好みのが移ろいはじめて春らしいものをチョイスされることがおおくなってきました。ぜひ、皆様のお気に入りを探しに来てくださいね。

ハーブティーのギフト承ります。

アラカルトハーブティーのギフト例

アラカルトハーブティーのギフト例

たま茶では、通常の茶葉の量り売りに加えて、ギフトアレンジもうけたまわっております。

ちょっとした手土産をはじめ、これからの時期のように御中元・お歳暮・新しい門出など大切な方へのプレゼントなど幅広い方に喜んでいただいております。

IMG_0789

簡単な手土産に

店頭などでもパッと”てみやげ”に麻紐などで簡単なお包みも可能です。

そもそも数あるブレンドハーブティーの中からどうやってお選びいただくか?というお話ですが、ご本人様でしたら店頭で試飲をして・・・

tasting

いろいろなお味を・・・

お選びいただくところなのですが、お渡しされる方の好みもございますので、ここが悩みどころ。

弊店では、この場合に、お味を大きく3つにグループ分けした(とっても主観的な分類ですが・・・)

「甘酸っぱい

お茶っぽい

ほんわかリラックス

のグループからひとつずつ程度をお選び頂いております。
色々楽しめて、好みに関してもおおよそご希望に沿うためです。

分量などはご予算・ご希望にあわせてアレンジさせていただきます。

33353058184_230a648f87_h

たま茶謹製”蝋引き袋”も!!

内祝い・御中元などにも

箱への詰め合わせをはじめ、熨斗なども対応しております。

nishiimgIMG_1587

ポットなどと組み合わせも大変好評です。
サイズなどにより、お時間頂く場合ございますので、あらかじめご相談ください。

IMG_5000IMG_5002

通信販売にてギフトラッピングも対応しております。
いちどこちらのページをご覧の上、お気軽にご相談くださいませ。

※店鋪の混み具合や数量によりお時間かかる場合ございますので、お急ぎの場合はあらかじめご要望をご連絡頂きますと内容に沿ったかたちで対応させていただきます。

護国神社蚤の市@福岡 多謝

IMG_1936

先週末2/3・4、福岡にある護国神社で行われていた蚤の市に参加させて頂きました。両日とも晴・雨・曇・雪というすべてのお天気がめまぐるしく入れ替わる天候の中、はじめての出店でしたので皆様はじめましてでしたが、本当にたくさんのお客さまにお越しいただきました。改めまして、スタッフの皆様・お越しいただいたお客さまありがとうございます。

IMG_1927

行き路の宮島にて

今回の福岡遠征、こちらを以前から見て頂いている方には分かるかもしれないのですが、親戚が山口にいるということでここ数年こちらに時々訪れていました。そして、前々からの天気予報では”雪”ということでしたので、イベントの開催自体もどうなるかなとも思っていたのですが、蓋を開けてみれば、両日朝からの大盛況。

IMG_1934

今回ひとりでの出店だったので、お昼ごはんもままならず、他の出店者さんも本当にわずかな時間しか見られなかったのですが、同じフードエリアのお店達はどれも美味しそうでしたし、古物という品々ですが厳選されていてとても洗練した内容でした。一日目のさいごに気づいた久留米の大工さんが自分でコレクトしていたデットストックの金物を売っていたのだけれど、どれも貴重なもので、気持ちとしてはすべてストックしておきたいと思うくらい・・・。

IMG_1930

今回、道具の都合で、ドリンクはなしで、たま茶はオリジナルブレンドハーブティーの茶葉販売+試飲というスタイル。イベント出店ではけっこう土地柄みたいなものがあって、なかなか試飲を受け取ってもらえない場所もあったりして、新しい土地に行くときはいつも心づもりが必要なのですが、今回の蚤の市では、そんなものは杞憂におわり、たいへん多くの方にお試しを頂けたように感じております。京都からというと、わざわざ来てくれてありがとう・・・なんて嬉しい言葉何人かのお客さまから聞けたり。以前京都で髪を切って頂いていた美容師さんがご結婚されて福岡に移住していたので、立ち寄ってくれたり・・・と色々な人にも出会えました。

IMG_1935

何か新しいものを見つけよう、自分の好きなものを見つけようとするお客さま。
そして、それに答えようとお店の方々。
オーガナイズする主催者さま・スタッフの方々。

そんな関係性があるからこそ活気に満ち溢れた場所なのかなと感じております。たくさんのエネルギーをいただきました!

IMG_1973

実は今回福岡に伺ったのはもうひとつ用事があって、下関にある祖父母の家から↑のシンガーのミシンと古い棚を持ち帰ることでした。蚤の市にはもっと綺麗なのがありましたね。これは祖母が満州時代に疎開していて、日本に帰る時にこれを頂いて持ち帰ったというお話を以前から聞いていて、処分するというお話だったのでなんとかせねばというわけです。湿気のあるところにあったので、多少傷んではいるの少しずつ補修しながら使っていこうと思っています。

IMG_1980

カウンター前に置いてみた。

IMG_1953

途中のSAで食べたレモンバジルラーメン・とても美味でした。

 ・

そして、今回ひとり出張だったので、いくつか寄り道をしました。メモメモ。

【寄り道紀行1】
ユーカリとタイヨウ / 俵山・山口
行く予定は無かったのだけれど、朝2時出発というスケジュールで行ったので、最寄りのICを通った時に「行ける!」と思い急行。以前、たま茶にもお立ち寄り頂いた、静岡→山口へ移住されたお菓子屋さん。おとなりは旦那さまがYAMACOFFEEというというコーヒー焙煎屋さんをしています。ひとつひとつお菓子の”ちから”みたいなものを感じます。美味。
IMG_1969


【寄り道紀行2】 児島・倉敷
いつも京都でもお世話になっているD_MALL児島店さまに立ち寄ってきました。港の側にあるとっても気持ちの良いロケーションでした。そして、ちょうど倉敷の美観地区に2/3にOPENされた「womb brocante 倉敷美観地区店」。児島本店は店鋪什器中心で、こちらは小物が中心。素材や加工のお話がとても面白く、そしてツボで、近くにあったら通ってしまいそうなお店でしたよ。picにある塗装を剥がす加工は可能性を感じます。

IMG_1970

IMG_1957


福岡護国神社蚤の市、京都でのお店に立ち寄ってくれた福岡のお客さま数人から噂を聞いたり、京都からの出店者さんからもお話を伺っていたのですが、想像以上のエネルギーでした。色々な事情もあっての出店を決めたので、今回限りかもとも思っていたのですが、また来たいなという気持ちがモクモクと湧いて来てしまいました。福岡のみなさま、またお会いしましょう!

あなただけのハーブティーブレンドお作りいたします。

7516800176_IMG_5979

中京区にある旅館「 間」さまにカスタムブレンドを製作させて頂きました。旅館ということで、旅のつかれを癒やすようにという思いをこめてブレンド致しました。

7516800176_IMG_5978

和のイメージも楽しんで頂くために、薔薇などの華やかなハーブに加えて、ほうじ茶を使用しております。

7516800176_IMG_5974

このブレンドで使用しているほうじ茶は京都宇治の茶農家「森井ファーム」さんのお茶を使用しております。代々つづく農家さんですが、自らマーケットに足を運び、100%京都宇治!!のお茶を提供しており、近年は無農薬、無施肥のお茶などにも取り組んでいらっしゃいます。

IMG_1827

ハーブティーのお届けにあたってハーブについてや煎れ方の簡単なレクチャーを行っている様子を撮影して頂きました。実は旅館「間」のオーナー様の手がけるプロジェクトに関連して、年末から弊店を取材頂いております。またそのお話はいずれ・・・

そして、弊店ではお客さまのご要望にあわせたカスタムオーダーブレンド製作(お客さま独自のオリジナル商品)も承っております。お味の好みや機能、素材など、さまざまな角度からヒアリングを行い、ひとつひとつ思いを込めて製作致します。ハーブティーの茶葉のみならず、ラベル製作・ネーミングなども柔軟に対応致します。納品の際、ご希望の場合はハーブティーに関するレクチャーもさせて頂いております。詳しくはこちらへ↓
http://www.tamacha.net/wholesale

【臨時休業のお知らせ】
誠に勝手ながら、2018
2/3(sat)・2/4(sun)はお休み頂戴致します。

京都西陣 たま茶
定休日:木・金
12~18時 OPEN

忘備録

YES

ひと月くらい前からずっと気になっている言葉があって・・・
【多元的無知】pluralistic ignorance
という言葉

聞いたことありますか?

その定義は、
「多くの人々がある特定の価値観や意見を受け入れていないにもかかわらず、自分以外の他者は受け入れているだろうと誤って思い込んでいる状態」
・・・と、なんとも頭をつかう内容ですが、とても印象的なのです。

この心の動きについて考えてみたのだけれど、今問題とされる色々なことが説明できるような気がするのです。たとえば、「男性育児休暇」(そもそもこれに関する九大の研究に関する記事で”多元的無知”という言葉をしりました)にしろ、タイムリーな話題でいうと「低い投票率」とか。

日本という国は自然資源にも恵まれ、おおかれすくなかれ改善することはあるにしろ、冷静にみると、少なくとも制度や法律上はそこそこいいものなのではと思うことがあります(この点はキリがないので)。色々やんややんやいうことはあっても、システムにしろ法は在って、むしろそれが実現できていないことにこそ問題があると思うのです・・・が、その心理的なカベはたしかにある。

労働のしかたにしろ、育児休暇にしろ、たくさんの情報がはいってきて、それは事実なり噂なり、あるひとの感想だったり・・・いろんなものが多層的になって結局自分の意識の中で、ありもしない事実をつくってしまって・・・とか。

選挙にしぼっていうなら、選挙権を得るまでの歴史、国からうけている恩恵、民主主義のいいところ。そのあたりを少しでも感じているのならば、選挙にいかないという選択肢はありえなくて。たぶん、この文をここまで読み進めるような人はたぶんふつうに行っていると思うのだけれど。じぁ、行かない人に対してそのカベを越えるようにするためには、実は「選挙にいこうよ」っていう言葉よりも、そういう空気みたいなものを周りにつくることの方がじつは行動に結びつくってこともあるのかもしれない、とこの言葉を知って思いました。

つまり、誰が当選して、法律がどうなって、国がどうなって、っていうお話は正解を求めるものじゃなくて、その後を生きる人の心持ちが大事ってことなんだと思う。だからこそ、あきらめずにとにかく考え続けよう、よりよくなるために。

秋といえば秋らしい長雨。紅のさし色。 ・ Try to look without knowledge of what it is you’re looking at. We sometimes pretend that all of stuff has a meaning, and that we know what it is. Just feel that it is beautiful. ・ すこしでも時間ができると人間不思議と自分の内へと意識が向く。そして、これが現代人。何につけても”意味”をもた

静岡手創り市ありがとうございました。

171008_142721

たま茶西陣の店鋪OPEN致しました。本日も18時まで。 ・ 静岡手創り市、昨日、一昨日ともにお天気にも恵まれ、たくさんのお客さまにお越しいただきました。まだ3回目の出店ですが、たくさんのリピーターさまにも御来店頂き、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。 ・ 初日の行き路は、まさかの事故渋滞に会ってしまい、トンネルの中で2時間立ち往生したときには、・・・・・となってしまいましたが^^、なんとか会場について準備や試飲のお茶を煎れている間もやさしいお言葉をかけて頂き、心あたたたまる瞬間でした。 ・ ゆっくりお話し

静岡手創り市、昨日、一昨日ともにお天気にも恵まれ、たくさんのお客さまにお越しいただきました。まだ3回目の出店ですが、たくさんのリピーターさまにも御来店頂き、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

初日の行き路は、まさかの事故渋滞に会ってしまい、トンネルの中で2時間立ち往生したときには、・・・・・となってしまいましたが^^、なんとか会場について準備や試飲のお茶を煎れている間もやさしいお言葉をかけて頂き、心あたたたまる瞬間でした。

ゆっくりお話したいなぁという出展作家さんがいるのですが、なかなかじっくり見られていなくて、いまだお話できずという方もたくさん。ただ、一緒につれていった息子も一日中、色々なお兄さん、お姉さんたちに遊んでもらってとっても楽しかったみたいです、なによりなにより。帰り際に、「あっ、たま茶さんとこのお子さんだ」と声を掛けられるくらい、会場中を走り回って存在感をだしていたようです笑。

改めまして、足を運んでいただいたお客さま、スタッフのみなさま、出店者様のみなさまありがとうございます!!

山づと

「山づと」 ご近所にある御菓子司「塩芳軒」さまの生菓子

 

そして、いよいよ秋本番。ほっこりお茶を楽しむ時間も増えそうです。ここ数日は夏かっ?と思わせるお天気の京都ですが・・・、おいしいものを食べたくなるこの気持ちは間違いなく秋なはず・・・

オリジナルブレンド【陽だまりの午後】は無農薬在来種の味わい深いほうじ茶をブレンドしたハーブティー。お茶っぽさとすっきり&ふんわかなハーブの組み合わせは、和洋折衷で色々なものとり合せGOODです。和菓子にも!! ▷ http://shop.tamacha.net/?pid=66788465


【秋の試飲会の知らせ】
10月22日(sun)  12-17 @ホホホ座三条大橋店
11月3日(fri) & 11月23日(thu) 12-17 @D_MALL京都店
詳しくは、カレンダーをご覧ください。→ http://www.tamacha.net/calendar

京都西陣 たま茶
定休日:木・金
12~18時 OPEN

感覚の大切さ

7583938880_IMG_5598

行く先はどこへでも

怒りにも、悲しみにも、喜びにも、愛しさにもならない、形のない感情につつまれる時期がある。なんなのか考えれば考えるほど、捉えようのないケムリのようになっていくそれ。特に、大きな問題を抱えているわけでもないのに、それは日常にぐっとのしかかってくる。

いままで何度かそういうことがあった。大抵それは何かが生まれる前兆。

最近、息子が救急車やカラスのよくマネをする。基本、なんでも「ホーホー」っていう。しょっちゅうそれを言うもんだからこちらもすごく耳をすます。確かにたくさんの音たち。多分、数キロ先の音もよく聞いていているからしょっちゅう「ホーホー!」でいそがしい(笑)。

でも本来、人の感覚ってこれくらい繊細で鋭敏なのかなって思う。

ハーブティーをおすすめするときもできるだけ、言葉や情報に惑わされれずに(なんでも提供しすぎず)、お客さまの感覚に頼っていたいと考えている。これはぼんやりとした、たま茶のコンセプトでもあるのだけれど、人の持っている五感というのは何にもかえがたい素晴らしいものだし、やはりこれと共にいきいきと暮らすというのは、どんな形にしろ一番大事だと思うのです(記事「ハーブティーは五感でえらぶ」)

自分が、産まれてから多くの時間をものが溢れた都会ですごして(京都も都会ですね・・・)、だからこそ感じていることなのかもしれないけれど、失ったものよりも、持っているものをどうやって輝かすことができるか?いまあらためて考えている。

つたえたいこと、つたえること。#知らないお兄さん

 

●お取り扱い店が増えました。
→ http://www.tamacha.net/shops
たま茶のオリジナルブレンドハーブティーをはじめ、お客さまのご希望に沿ったカスタムブレンドも製作致します。詳しくはこちらからどうぞ。

【10月の出店および臨時休業のお知らせ】
ARTS&CRAFT静岡手創り市@靜岡縣護國神社
2017.10.07(sat)/ 08(sun) 9:00~16:00

ARTS&CRAFT静岡手創り市・2017秋参加

※このイベント出店伴いまして西陣の店鋪を臨時休業をいただく予定です。
10/4(水)・10/7(土)・10/8(日)
西陣店鋪は臨時休業とさせていただきます
詳しくは、カレンダーをご覧ください。→ http://www.tamacha.net/calendar

京都西陣たま茶4周年を迎えて

IMG_6987

17.08.19  京都西陣たま茶4周年
京都西陣たま茶、お店をオープンして4周年のこの日。町内の地蔵盆からTKS屋の屋上のビアガーデンへ。こどもをお義母に託して夫婦だけで社交の場??に出たのはおそらく初めて。滅多にお会いできない方々とお話できて、特別な時間となりました。

IMG_6895


4周年を迎えて、まずお伝えしたいのは、いままで「たま茶」という看板を掲げてやってこれたのは、たくさんの手助けをしてくれた家族と友人たち、そしてたま茶のハーブティーをはじめ、コト、モノを気に入っていただいているお客様なくしてはありえません。改めて御礼申し上げます。

お店は、まず我々がいいなという対象があって、共感して頂いているお客様が存在して、そこからサービスとお金の循環が生まれて、生き物でいうところの代謝がおきます。その維持にはモノコトがとどまることなく動いていることが、とても大事なことです。

ここ数年、家族もふえて、生活もかわり、お仕事をはじめ、人との関わり方をふくめた現実的なことをより強く意識するようになりました。お金さんとか保険さんとか頭を悩ませがちなこともありますが、何よりも一番はじめにある、自分たちの中にある「いいね!」の純度。現実的なものの中のよりシンプルな感情がとっても大切なことだなと改めて感じています。流行りや情報としてのイイネは世に溢れていますが、感覚にふれるもの、もっというと魂が揺さぶられるようなものへの純度をもっともっと追い求めたいと感じております。

魂への純度という言葉を使うと、暑さで頭がやられたかと思われるかもしれませんが😀笑、どんなときもこれより大切なものはないと信じています。 ・

それは自己満足だよという声も聞こえてきそうですが、自己満足のないことにいいなって思えるものってあるんでしょうか?それは、多くの人を無意識的に満足させるための最大公約数的なものの寄せ集めとは明らかに異なるものです。

日常の営みと内的世界の葛藤こそ生の証拠であり、境目にあるおもろいことにふれあえるような、そんな時間と空間をよりふやしていきたいです。

どうぞ今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

【2017年たま茶夏季休業期間】
8月17日(木)~8月25日(金)
※この期間、すべてのご注文はHP・メール・FAXにて承っておりますが、返信・発送などのお手続きは基本的に休み明けの8月26日(土)以降とさせていただきます。

自分でつくるワラーチワークショップ・レポート

IMG_5239

先週末行われた自分でつくるワラーチワークショップ、大盛況のなか無事終了致しました。

参加者27名 + 我々家族分3名  合計”30”足の新たな”ワラーチ”が誕生しました。

数年前のひょんなことからのkuluskaさんとの出会いからはじまったこの企画。

身近な道具をつかって、身の回りのものを自分でつくる。
とっても楽しく濃密な時間でした。

IMG_2422

朝、お客さまをまつ並べられた道具たち。

IMG_5104

この企画のために用意された、オリジナルの組紐も(昇苑くみひもさまありがとうございます。)・・・

まずは、自己紹介からはじまり、最近のよかったできごとをひとつずつ発表。
会場もあたたまってきます(外はとっても暑い日でした)。

IMG_5108

はじめは自分の足から型をとります。外側のラインと、土と接する部分のラインをそれぞれ描きます。

IMG_5123

左右の大きさや長さが微妙に違うんです。

IMG_5121

自分の足と向き合います。

IMG_5134

IMG_5135

ハサミでちょきちょきと。

IMG_5267

踝(くるぶし)の位置などを印をつけたり、微調整。

IMG_5137

この段階では、歩く時に自分の足がどのように動いて、靴底がそんな形になるかを考えます。紐を通す穴の位置などを想像しながら、製作をすすめます。

IMG_5250

型ができましたら、おそらく一番悩んでしまうであろう革と紐えらびです。

IMG_5138

革の素材についての簡単なレクチャー。牛・豚などそれぞれの革の素材がどのようにしてうまれるかというおはなし。

IMG_5255

選んだ革を、型紙に沿ってカットします。

IMG_5321

お庭を背景に、切り取った革とソールをゴムのりで貼り合わせます。

IMG_5259

しばしハーブティーを飲みつつ一服したのち、カッターでカットしていきます。

IMG_5330

どんどん形になってくるので後ろ姿も楽しそう~。

IMG_5352

そして、・・・紐を通す穴をトントンと。

IMG_5192IMG_5279

いよいよ紐を通します。組紐などの素材と革ではすこしで仕舞い方が異なります。

IMG_5201IMG_5285

通していって・・・

IMG_5216

足に合わせながら結び方を学んでいきます。

・・・

IMG_2477

ジャン

IMG_5339

ジャンジャン

IMG_5312

ジャジャジャン

・・・・・・

オリジナルのワラーチサンダルが出来上がりました。

・・・・・

モノヅクリというと、長い期間修練を重ねることでしか得られない技術や特別な道具なしではできないというイメージを持っていらっしゃる方も多いかもしれません。

しかし、身近にあるものに加えて、ほんの少し手や足をのばせば大抵の材料や情報は手に入る時代です。

なんでも人任せにするのではなくて、一度自分がいいなと思うものを作ることにトライしてみることは、とても大切なことだなと改めて感じています。

そして、そのつくるという楽しみを共有できるというのは何事にもかえがたいものですね!

最後になりますが、

今回遠い鎌倉より講師としてお越し頂いた クルスカ さま
オリジナルの組紐を製作して頂いた 昇苑くみひも さま
多岐にわたりご協力いただきました FEELKYOTO さま

改めてお礼申し上げます。

IMG_2493