カテゴリー: JOURNAL

忘備録

YES

ひと月くらい前からずっと気になっている言葉があって・・・
【多元的無知】pluralistic ignorance
という言葉

聞いたことありますか?

その定義は、
「多くの人々がある特定の価値観や意見を受け入れていないにもかかわらず、自分以外の他者は受け入れているだろうと誤って思い込んでいる状態」
・・・と、なんとも頭をつかう内容ですが、とても印象的なのです。

この心の動きについて考えてみたのだけれど、今問題とされる色々なことが説明できるような気がするのです。たとえば、「男性育児休暇」(そもそもこれに関する九大の研究に関する記事で”多元的無知”という言葉をしりました)にしろ、タイムリーな話題でいうと「低い投票率」とか。

日本という国は自然資源にも恵まれ、おおかれすくなかれ改善することはあるにしろ、冷静にみると、少なくとも制度や法律上はそこそこいいものなのではと思うことがあります(この点はキリがないので)。色々やんややんやいうことはあっても、システムにしろ法は在って、むしろそれが実現できていないことにこそ問題があると思うのです・・・が、その心理的なカベはたしかにある。

労働のしかたにしろ、育児休暇にしろ、たくさんの情報がはいってきて、それは事実なり噂なり、あるひとの感想だったり・・・いろんなものが多層的になって結局自分の意識の中で、ありもしない事実をつくってしまって・・・とか。

選挙にしぼっていうなら、選挙権を得るまでの歴史、国からうけている恩恵、民主主義のいいところ。そのあたりを少しでも感じているのならば、選挙にいかないという選択肢はありえなくて。たぶん、この文をここまで読み進めるような人はたぶんふつうに行っていると思うのだけれど。じぁ、行かない人に対してそのカベを越えるようにするためには、実は「選挙にいこうよ」っていう言葉よりも、そういう空気みたいなものを周りにつくることの方がじつは行動に結びつくってこともあるのかもしれない、とこの言葉を知って思いました。

つまり、誰が当選して、法律がどうなって、国がどうなって、っていうお話は正解を求めるものじゃなくて、その後を生きる人の心持ちが大事ってことなんだと思う。だからこそ、あきらめずにとにかく考え続けよう、よりよくなるために。

秋といえば秋らしい長雨。紅のさし色。 ・ Try to look without knowledge of what it is you’re looking at. We sometimes pretend that all of stuff has a meaning, and that we know what it is. Just feel that it is beautiful. ・ すこしでも時間ができると人間不思議と自分の内へと意識が向く。そして、これが現代人。何につけても”意味”をもた

静岡手創り市ありがとうございました。

171008_142721

たま茶西陣の店鋪OPEN致しました。本日も18時まで。 ・ 静岡手創り市、昨日、一昨日ともにお天気にも恵まれ、たくさんのお客さまにお越しいただきました。まだ3回目の出店ですが、たくさんのリピーターさまにも御来店頂き、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。 ・ 初日の行き路は、まさかの事故渋滞に会ってしまい、トンネルの中で2時間立ち往生したときには、・・・・・となってしまいましたが^^、なんとか会場について準備や試飲のお茶を煎れている間もやさしいお言葉をかけて頂き、心あたたたまる瞬間でした。 ・ ゆっくりお話し

静岡手創り市、昨日、一昨日ともにお天気にも恵まれ、たくさんのお客さまにお越しいただきました。まだ3回目の出店ですが、たくさんのリピーターさまにも御来店頂き、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

初日の行き路は、まさかの事故渋滞に会ってしまい、トンネルの中で2時間立ち往生したときには、・・・・・となってしまいましたが^^、なんとか会場について準備や試飲のお茶を煎れている間もやさしいお言葉をかけて頂き、心あたたたまる瞬間でした。

ゆっくりお話したいなぁという出展作家さんがいるのですが、なかなかじっくり見られていなくて、いまだお話できずという方もたくさん。ただ、一緒につれていった息子も一日中、色々なお兄さん、お姉さんたちに遊んでもらってとっても楽しかったみたいです、なによりなにより。帰り際に、「あっ、たま茶さんとこのお子さんだ」と声を掛けられるくらい、会場中を走り回って存在感をだしていたようです笑。

改めまして、足を運んでいただいたお客さま、スタッフのみなさま、出店者様のみなさまありがとうございます!!

山づと

「山づと」 ご近所にある御菓子司「塩芳軒」さまの生菓子

 

そして、いよいよ秋本番。ほっこりお茶を楽しむ時間も増えそうです。ここ数日は夏かっ?と思わせるお天気の京都ですが・・・、おいしいものを食べたくなるこの気持ちは間違いなく秋なはず・・・

オリジナルブレンド【陽だまりの午後】は無農薬在来種の味わい深いほうじ茶をブレンドしたハーブティー。お茶っぽさとすっきり&ふんわかなハーブの組み合わせは、和洋折衷で色々なものとり合せGOODです。和菓子にも!! ▷ http://shop.tamacha.net/?pid=66788465


【秋の試飲会の知らせ】
10月22日(sun)  12-17 @ホホホ座三条大橋店
11月3日(fri) & 11月23日(thu) 12-17 @D_MALL京都店
詳しくは、カレンダーをご覧ください。→ http://www.tamacha.net/calendar

京都西陣 たま茶
定休日:木・金
12~18時 OPEN

感覚の大切さ

7583938880_IMG_5598

行く先はどこへでも

怒りにも、悲しみにも、喜びにも、愛しさにもならない、形のない感情につつまれる時期がある。なんなのか考えれば考えるほど、捉えようのないケムリのようになっていくそれ。特に、大きな問題を抱えているわけでもないのに、それは日常にぐっとのしかかってくる。

いままで何度かそういうことがあった。大抵それは何かが生まれる前兆。

最近、息子が救急車やカラスのよくマネをする。基本、なんでも「ホーホー」っていう。しょっちゅうそれを言うもんだからこちらもすごく耳をすます。確かにたくさんの音たち。多分、数キロ先の音もよく聞いていているからしょっちゅう「ホーホー!」でいそがしい(笑)。

でも本来、人の感覚ってこれくらい繊細で鋭敏なのかなって思う。

ハーブティーをおすすめするときもできるだけ、言葉や情報に惑わされれずに(なんでも提供しすぎず)、お客さまの感覚に頼っていたいと考えている。これはぼんやりとした、たま茶のコンセプトでもあるのだけれど、人の持っている五感というのは何にもかえがたい素晴らしいものだし、やはりこれと共にいきいきと暮らすというのは、どんな形にしろ一番大事だと思うのです(記事「ハーブティーは五感でえらぶ」)

自分が、産まれてから多くの時間をものが溢れた都会ですごして(京都も都会ですね・・・)、だからこそ感じていることなのかもしれないけれど、失ったものよりも、持っているものをどうやって輝かすことができるか?いまあらためて考えている。

つたえたいこと、つたえること。#知らないお兄さん

 

●お取り扱い店が増えました。
→ http://www.tamacha.net/shops
たま茶のオリジナルブレンドハーブティーをはじめ、お客さまのご希望に沿ったカスタムブレンドも製作致します。詳しくはこちらからどうぞ。

【10月の出店および臨時休業のお知らせ】
ARTS&CRAFT静岡手創り市@靜岡縣護國神社
2017.10.07(sat)/ 08(sun) 9:00~16:00

ARTS&CRAFT静岡手創り市・2017秋参加

※このイベント出店伴いまして西陣の店鋪を臨時休業をいただく予定です。
10/4(水)・10/7(土)・10/8(日)
西陣店鋪は臨時休業とさせていただきます
詳しくは、カレンダーをご覧ください。→ http://www.tamacha.net/calendar

京都西陣たま茶4周年を迎えて

IMG_6987

17.08.19  京都西陣たま茶4周年
京都西陣たま茶、お店をオープンして4周年のこの日。町内の地蔵盆からTKS屋の屋上のビアガーデンへ。こどもをお義母に託して夫婦だけで社交の場??に出たのはおそらく初めて。滅多にお会いできない方々とお話できて、特別な時間となりました。

IMG_6895


4周年を迎えて、まずお伝えしたいのは、いままで「たま茶」という看板を掲げてやってこれたのは、たくさんの手助けをしてくれた家族と友人たち、そしてたま茶のハーブティーをはじめ、コト、モノを気に入っていただいているお客様なくしてはありえません。改めて御礼申し上げます。

お店は、まず我々がいいなという対象があって、共感して頂いているお客様が存在して、そこからサービスとお金の循環が生まれて、生き物でいうところの代謝がおきます。その維持にはモノコトがとどまることなく動いていることが、とても大事なことです。

ここ数年、家族もふえて、生活もかわり、お仕事をはじめ、人との関わり方をふくめた現実的なことをより強く意識するようになりました。お金さんとか保険さんとか頭を悩ませがちなこともありますが、何よりも一番はじめにある、自分たちの中にある「いいね!」の純度。現実的なものの中のよりシンプルな感情がとっても大切なことだなと改めて感じています。流行りや情報としてのイイネは世に溢れていますが、感覚にふれるもの、もっというと魂が揺さぶられるようなものへの純度をもっともっと追い求めたいと感じております。

魂への純度という言葉を使うと、暑さで頭がやられたかと思われるかもしれませんが😀笑、どんなときもこれより大切なものはないと信じています。 ・

それは自己満足だよという声も聞こえてきそうですが、自己満足のないことにいいなって思えるものってあるんでしょうか?それは、多くの人を無意識的に満足させるための最大公約数的なものの寄せ集めとは明らかに異なるものです。

日常の営みと内的世界の葛藤こそ生の証拠であり、境目にあるおもろいことにふれあえるような、そんな時間と空間をよりふやしていきたいです。

どうぞ今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

【2017年たま茶夏季休業期間】
8月17日(木)~8月25日(金)
※この期間、すべてのご注文はHP・メール・FAXにて承っておりますが、返信・発送などのお手続きは基本的に休み明けの8月26日(土)以降とさせていただきます。

自分でつくるワラーチワークショップ・レポート

IMG_5239

先週末行われた自分でつくるワラーチワークショップ、大盛況のなか無事終了致しました。

参加者27名 + 我々家族分3名  合計”30”足の新たな”ワラーチ”が誕生しました。

数年前のひょんなことからのkuluskaさんとの出会いからはじまったこの企画。

身近な道具をつかって、身の回りのものを自分でつくる。
とっても楽しく濃密な時間でした。

IMG_2422

朝、お客さまをまつ並べられた道具たち。

IMG_5104

この企画のために用意された、オリジナルの組紐も(昇苑くみひもさまありがとうございます。)・・・

まずは、自己紹介からはじまり、最近のよかったできごとをひとつずつ発表。
会場もあたたまってきます(外はとっても暑い日でした)。

IMG_5108

はじめは自分の足から型をとります。外側のラインと、土と接する部分のラインをそれぞれ描きます。

IMG_5123

左右の大きさや長さが微妙に違うんです。

IMG_5121

自分の足と向き合います。

IMG_5134

IMG_5135

ハサミでちょきちょきと。

IMG_5267

踝(くるぶし)の位置などを印をつけたり、微調整。

IMG_5137

この段階では、歩く時に自分の足がどのように動いて、靴底がそんな形になるかを考えます。紐を通す穴の位置などを想像しながら、製作をすすめます。

IMG_5250

型ができましたら、おそらく一番悩んでしまうであろう革と紐えらびです。

IMG_5138

革の素材についての簡単なレクチャー。牛・豚などそれぞれの革の素材がどのようにしてうまれるかというおはなし。

IMG_5255

選んだ革を、型紙に沿ってカットします。

IMG_5321

お庭を背景に、切り取った革とソールをゴムのりで貼り合わせます。

IMG_5259

しばしハーブティーを飲みつつ一服したのち、カッターでカットしていきます。

IMG_5330

どんどん形になってくるので後ろ姿も楽しそう~。

IMG_5352

そして、・・・紐を通す穴をトントンと。

IMG_5192IMG_5279

いよいよ紐を通します。組紐などの素材と革ではすこしで仕舞い方が異なります。

IMG_5201IMG_5285

通していって・・・

IMG_5216

足に合わせながら結び方を学んでいきます。

・・・

IMG_2477

ジャン

IMG_5339

ジャンジャン

IMG_5312

ジャジャジャン

・・・・・・

オリジナルのワラーチサンダルが出来上がりました。

・・・・・

モノヅクリというと、長い期間修練を重ねることでしか得られない技術や特別な道具なしではできないというイメージを持っていらっしゃる方も多いかもしれません。

しかし、身近にあるものに加えて、ほんの少し手や足をのばせば大抵の材料や情報は手に入る時代です。

なんでも人任せにするのではなくて、一度自分がいいなと思うものを作ることにトライしてみることは、とても大切なことだなと改めて感じています。

そして、そのつくるという楽しみを共有できるというのは何事にもかえがたいものですね!

最後になりますが、

今回遠い鎌倉より講師としてお越し頂いた クルスカ さま
オリジナルの組紐を製作して頂いた 昇苑くみひも さま
多岐にわたりご協力いただきました FEELKYOTO さま

改めてお礼申し上げます。

IMG_2493

 

夏のハーブティーライフ

アイスハーブティー

アイスハーブティー

5月に入ってから、庭のうつくしい新緑とともに、もう夏か??と思わせるような気温が高い日もしばしば。

IMG_4772

お庭には時折、ヤマバトさんもお水を飲みにくるくらい・・・。今日はこれから夏にかけてのオススメのハーブティーライフについて。

160529_banner_top夏のハーブティーライフ

ハーブティー=冬の寒い時、というイメージが強いですが、実は、暑い時にもこそオススメなのがハーブティーなのです。

IMG_7725

IMG_1541

気温があがるにつれ、ふだん過ごすお部屋やオフィスにはエアコンで、ひんやりとしてきます。そうすると、体と共に内臓も冷えた状態に。そういう時にこそ、水分補給と共に、体をあたたかくするようなお茶がオススメです(カフェイン入の飲み物ばかりですと水分を外に出ていってしまいます)。

また、暑い日には、キリッと冷えたビールといいたいところ(もちろん、店主も好きなのでいただきますが・・・)ですが、ただでさえ食欲が落ちて、内臓が弱った所に冷水はなかなかの体に負担となります。そこでオススメなのが、体の代謝をあげたり、デトックスの機能を持つハーブティーたちです。

弊店の通販では、お味の分類で
お茶っぽいブレンド”(http://shop.tamacha.net/?mode=grp&gid=1269619)の中の、

めぐりめぐる茶
http://shop.tamacha.net/?pid=65993422
金色のきらめき
http://shop.tamacha.net/?pid=71513398
赤い大地のちから
http://shop.tamacha.net/?pid=66788261

あたりがオススメです。

でも暑いものは暑い!そんな時には、アイスハーブティーがオススメ!!

アイスハーブティーのすゝめ

そう!ハーブティー、実はアイスでもとても美味しんです。その味わいは、通常のホットのお味とはまた別の表情をみせてくれます。IMG_1569
例えば、羊の時
http://shop.tamacha.net/?pid=65993498
は、リラックスほんわかなブレンドですが、アイスにすると、カモミールたちのお花の甘さがより引き立ちます!!ばら色の日々あたりはよりキリッとするので、お目覚めの時や、胃もたれがするときなどのリフレッシュにも・・・と、このように同じハーブティーでも変化したお味が楽しめるため、気候にあわせてホットとアイスが楽しめます。

また、定番としては、甘酸っぱいブレンド
http://shop.tamacha.net/?mode=grp&gid=1269618
は、アイスティーにするとよりスッキリした上にフルーティーさが増して人気です!

160516_アイスハーブティー作り方

 

IMG_1551

特別なものでもあるけれど、ふだんの暮らしにもハーブティーを。ぜひお試しください。

寧 neen SPA- IZU -関東紀行2

今日は、先日の関東遠征の時に立ち寄った静岡の伊豆でのお話を・・・

IMG_4681

昨年の秋にお声掛けいただき、カスタムオリジナルブレンドを製作させて頂いた
【寧 neen SPA – IZU】

IMG_4183

東京から電車でわずか二時間ほど。城ヶ崎海岸の段丘に広がる浮山温泉郷にある、旅館『坐漁荘(http://zagyosoh.com/)』さまの中にあるSPAです。

ここは、原生林に囲まれた静かな別荘地。

IMG_4182

徒歩10分程度のところには見事な海岸線が。

IMG_4680

和のテイストがふんだんに散りばめられたホッと落ち着く空間。

IMG_4678

窓からの景色も絶品です。

訪れた日は、桜がちょうど散りはじめた日で、桜吹雪がとても幻想的でした。

至極なひととき。

IMG_4685

売店では、お茶もお買い求めいただけます。

IMG_4682

伊豆の海にお越しの際はぜひ!!

関東紀行ばなしⅠ

関東遠征の旅が終わり日常に戻って早1週間。
すこしずつ関東での日々を振り返りたいと思います。

今回の旅では、ARTS&CRAFT 静岡手創り市の出店を兼ねていたため、車は夜逃げのような荷物満載ぶり。パズルのように積み込んで(準備がじつはとても大変T.T)、前日は途中にある親戚のお家に立ち寄り、朝3時半に静岡に向けて出発しました。

出発するころから空模様は雨。天気予報通りの雨模様の一日でしが、そんな悪天候の中たくさんのお客様が足を運んでくださいました。

IMG_4393

IMG_4399

会場は護国神社の森の中。中央には池があり、鏡のような水面に映る緑の美しさが印象的な場所。

たま茶は昨年秋に初出店させて頂き、2回目の出店となりました。
今回驚いた事は、リピーター様がとても多く、半年前の出店の際にご購入いただいたハーブティのブレンドの名前まで覚えて頂いている方が多数だった事です。

そして、
”静岡に来てくれてありがとう!”
なんていう嬉しいお言葉も!

IMG_3878

実は今回、永らく使っていた出店用の什器をリニューアルしてみました。実はこれ以前、instagramに載せたことのある例の棚です。

IMG_4350

季節限定の”花めく季節”も好評で、持って行ったものは全て完売いたしました。カモミールがベースの甘くて優しいお味でリラックスしたい方に。むくみやデトックスにおすすめのハーブもブレンドしています。春は不安定なお天気で体調を壊しやすいので少しでもリラックスして頂けたらという気持ちでブレンドを作りました。ちなみにこちらは店頭や通販でも6月中旬頃までの販売予定です。

IMG_3867

2日目は雨もあがり、時々晴れ間も見る事が出来ました。森に設置された木のベンチに座ってくつろぐ姿も見られました。

IMG_3868

そして、、出店の合間の楽しみといえば他の出店者様のブースを見に行く事!!なかなかゆっくりとはいきませんが、こだわりを感じられるお店が多くてとても勉強になります。

レトロな飴細工やさん

レトロな飴細工やさん

主催者さまをはじめスタッフの方々の連携もいつも感心させてられます。

IMG_3780

雨の中、通路を自然のものでつくったり、

IMG_3873

たま茶のブースの近くにあった水たまりを相談にいったらスタッフの方がいっぱいの葉っぱでうめてくれました。

天候などでたいへんのこともあるけれど、やさしさに溢れた静岡のイベント。また出店させていただけたらなと感じております。

足もとの悪い中来ていただいたお客さま、出店者の皆様。そして、主催・スタッフの方々大変お世話になりました。またお会い出来る日を楽しみに!!

天気管ワークショップvol.3 レポート 17/03/20

IMG_4313

三連休の最終日、3月20日(月・祝)に天気管ワークショップ(WS)を開催致しました。約2年ぶりの開催となった今回のWS。前回が終わった直後からお問合せいただいていたお客さまもいて、まさに念願の!会となりました。

6176639888_IMG_4149

WSの内容は、吹きガラスでひとつひとつ手作りしたものの中からお気に入りを選んで頂き、蓋の部分を自分好みに制作していただくもの。正解がなくて思いの通りにつくっていただくので、我々にとっても出来上がりが予想がつかずとても楽しみです!

IMG_3765

ガラスはたま茶店主でもある、glassTamahiが吹きガラスの技法で制作している一点ものです。器も世界でひとつだけのものです。

まずは溶液の作り方の説明から、化学実験のような雰囲気で始まりました(ここ必死で写真をとりそこねました!)。

IMG_4248

木の枝や松ぼっくり、様々な材料の中から作りたいイメージにあったものをチョイスして制作していただきました。

IMG_4257IMG_4249

手を動かしながら考えて行く方、スケッチをしてから手を動かす方、制作の仕方も様々でした。

IMG_4258

IMG_4246

↑持ち込み素材を使われている方も!菌類がテーマだとか・・・

IMG_4245

みな真剣・・・。

IMG_4264

だんだんとカタチが・・・。

IMG_4252

あぁしよう、こぉしよう・・・と夫婦で!共作という方もいらっしゃいました。

そして・・・できた作品たちはこんな感じ!!

IMG_4312

みな思い思いのカタチで楽しんでいらっしゃいました。今後、季節にあわせて飾り付けを変えていくこともできそうです。これもまた楽しみです!

IMG_4310

すでに次回のお話を頂いておりますが、まだ次回は未定となっております。久々の企画ということもあり、段取りになどに多少反省点を残したもののやはりイベントは楽しいですね!何よりも想像を越えたものが出来上がる所に本来の意味でのワークショップのすばらしさがあるのでは?と改めて感じました。

すでに次の企画も水面下では動き出しております!どうぞお楽しみに!!

なお、弊店オリジナルの天気管は続いて店内で販売しております。
ぜひ手にとってご覧になってくださいね!

ハーブティーは五感でえらぶ

IMG_1987

弊店では常時、15種類~のオリジナルブレンドを用意しております。その中から、お客さまのコンディションやご希望などの色々なお話を伺いながら、オススメをさせて頂いております。数あるブレンドの中からあなたにぴったりのブレンドハーブティーの選び方をご紹介いたします。

お味で選ぶ

京都西陣たま茶では、すべてのブレンドハーブティーを試飲することができます(喫茶の場合も、そのあとで違う種類のブレンドをお試しいただけます)。後述するハーブの”機能(冷え性・リラックスetc)”はもちろんお伝えさせて頂いておりますが、弊店ではお客さまご自身の五感に問いかけて選んで頂くことを大切にしております。頭だけでなく身体で感じる、そんなひとときを。

IMG_1976

そのために、店鋪では全てのブレンドにたいして香りの瓶をご用意しております。まずこちらで、香りとおおまかなお味の好みを探していただきます。15種類以上のブレンドの中から選ぶのはなかなか・・・と感じる方が大半ですので、お話を伺いながらすこしずつ、自分好みを探していきます。後述する機能に関しましても同時に説明はさせていただきますが、あくまで美味しく頂いてほしいという思いをこめて、美味しい!と感じられるものを見つけてくださいね!たま茶では、お伺いしてからお茶を煎れさせていただきますので、いれたての豊かなお味香りをぜひたくさん楽しんでください。

IMG_2011

弊店のブレンドハーブティーをお味で大きく分けるとすると、

甘酸っぱい

お茶っぽい

リラックス

の3つのグループに分けることができます。例えば、”雪肌美人”は甘酸っぱい、”めぐりめぐる茶”はお茶っぽいリラックスだったら”羊の時”、といった具合です。おおまかな好きなお味が分かっていましたら分類ごとにお味をしていただくこともできますし、逆にちがったものを・・・ということもできます。ギフトのご要望の時は、3つのグループから一つずつをお選びいただいて、蝋引き袋などでお渡しする方法もよくご提案させて頂いております。

たま茶今日の営業を終えました。木・金曜日は定休日です。ここ最近は年末の気配もあってか店頭でギフトのご注文を頂く機会が増えました。写真はたま茶謹製の蝋引きギフト袋。こちらには、オリジナルブレンドの茶葉が25gを3つくらがちょうどよいボリュームになります(種類によりことなりますが、2,000~3,000円程度になります。)。ちょっとしたおやつと組み合わせ(たま茶でもクルミとラベンダーのクッキー販売しております)てもいいかもしれませんね。ふだんはオリジナルブレンドは50g~の量り売りとなりますが、ギフトの場合、

遠方で店頭で試飲ができない場合は、各地イベントなどでは積極的に試飲をさせて頂いておりますし、通信販売には一覧が見られるようになっております。ご参考までに ▶ たま茶の通信販売

機能で選ぶ

弊店ではハーブのそれぞれの役割を”機能”と表現させて頂いております。あくまでハーブはお客さまの自己免疫力を助ける役割をするのであって、お薬のような効果を求める場合とはことなるため、このような表現をさせて頂いております。

”代謝アップ”, ”デトックス”などのキーワードであったり、好きなハーブであったり、先人の方が積み上げてきた知識や経験のちいさな断片をつなぎあわせていきます。そして、いくつかに絞れてきたら、同じように試飲をお出ししております。

※現在、ひとりでお店をまわしているのでお時間頂戴する場合もございますが、お客さまのお時間許す限り、色々お試し頂くことができます。※※茶葉販売のみの場合はもちろんのこと、喫茶をしていただいたお客さまにも試飲OKです!!

あなたの感じたことはいつも・・・

いままで何人ものお客さまに共通していることなのですが・・・

”美味しいな”とか”いいな”と感じるものには、不思議と必要なハーブがブレンドの中に入っているようです・・・。

からだの細胞は3~4ヶ月ですべて代謝の中で入れ替わってしまいますし、どなた様でもその季節によっても体調はまちまちです。だからこそ、その時々によって身体が欲しているものが違ってくるのです。そして、機能に関して特に説明しなくとも、試飲して頂いたあとに、そういえば今こんな事で困ってて・・・という内容にぴったりのハーブが美味しいっと仰っていただいたブレンドの中に入っている、なんてこともしばしば。きっとそうやって選んだブレンドは、身体もそして心も求めていたものなのでしょう!

お好みのお茶は何よりも五感をフルに生かして探してくださいね!!

origin

IMG_0101

先週の水曜日、お休みいただいて、両親の実家のある山口に向かいました。写真は、夜行バスの休憩地からみた関門海峡。

ふだんはそこまで意識することがない自分の根っこの部分。そういうことを考えさせてくれるのはやはり、ルーツにかかわる土地であったり、人であったりします。

私の祖父は、造船業に74歳まで現役で努めていて、仕事のせいもあり、私が小さい頃から耳が遠くて、最近は、祖母を通してでしか会話をしていませんでした。がっ、今回話しかけてみると意外やいがい通じる(笑)。

短い時間の滞在でしたが、たぶん産まれてから一番、祖父とゆっくりお話しができました。戦争のお話、生まれのお話、祖母とのお話。

前から聞いてはいたのですが、今祖父母が住む家は、曽祖父が建て直した家で、当時だったら、そういう人は少なからずいて、自分で直すということは、いまは横文字でセルフリノベーションとかDIYとか使われていますが、本来、特別なことではないのでしょう。とはいっても、やはり隔世遺伝というのはあるのかなぁ、と。

曽祖父は、左官の職人だったので、建物の一部が沖縄の建物のようにブロックで積んだ、コンクリート造になっていて、そのせいか、海岸が近い場所にもかかわらず、ほとんどいたんでいなくて、木造部も傾いていなかったり、見れば見るほどなるほど作り。

IMG_2938

帰り際に、道具箱から色々なものをみせてもらって、こちちを。昔ながらの剪定バサミ。この手の鉄製は研いであわせを調整しながら使えば永らくつかえます。カチッカチッて音がまたいいんです。前にゆずってもらった鉋も未だに現役。

今回の目的ではなかったのだけれどちらっと寄りました。また来月こちらへ参ります。#下見 #フォント #かわいい #レトロ #門司港

そして、実は来月も福岡にまいります!
門司港で行われるこちらに参加致します!!
関西を飛び出すのは久々ですが、とっても楽しみです!!

☆2016年10月29日(土)・30日(日)     門司港 GRAND MARKET@門司港(福岡)

※10・11月と出店のため西陣店鋪の臨時休業が多くなります。
ご迷惑おかけ致しますが、よろしくお願い致します。
[2016年西陣店鋪の臨時休業]

☆2016年10月8日(土)・9日(日)         ARTS & CRAFTS 静岡手創り市@靜岡縣護國神社(静岡)
☆2016年10月29日(土)・30日(日)     門司港 GRAND MARKET@門司港(福岡)
☆2016年11月05日(土)           BIO ICHI@三条(京都)

 

 

 

秋にオススメのハーブティー2016

IMG_2896

暑い夏が過ぎ(といってもまだまだ・・)、夕方の空には秋の気配が感じられるようになりました。

夕方煙突から煙...ではなく綺麗な雲が。すっかり秋のような空ですね。たま茶明日8/29(月)〜9/2(金)まで夏期休暇を頂戴致します。#雲 #煙突 #什器メンテ #通販リニューアル #来季へ向けてgo

食欲の秋といわれるくらい、これから色々なものがより美味しくなり、食事やおやつの時間が楽しみに。

それと同時に、急に冷え込んできたりと、体調管理にも気を配りたいところ。

そんなこの季節にオススメのたま茶のハーブティーをご紹介いたいます~。

IMG_2877

まずは、季節がわりの時に風邪予防や体のメンテナンスにオススメのブレンドが、

IMG_2879

【ベリーな気分】
エルダーベリーのフルーティなお味とハイビスカスの酸味が赤ワインのような、ポリフェノールたっぷりのブレンド。エキナセアやエルダーフラワーを配合し、 フルーティだけどしっかり免疫力を高めたい方にオススメのブレンド。 ▶http://shop.tamacha.net/?pid=66788366

IMG_2895

そして、ほっこりしたいとき、秋の気持ちいよい空気の中でお散歩途中に飲みたいブレンド、

【散歩の途中】
香り豊かなジャスミンを贅沢にブレンドしたノンカフェインなのに紅茶のようなハー
ブティー。ウガンダ産無農薬のバニラビーンズをはじめ、シナモンのほんのりとした
甘みまで、ほっと一息やすらぎのひとときを。お休み前やティータイムに。
http://shop.tamacha.net/?pid=77249420

66788261

秋に限らず、これから冬にかけてもず~っとオススメなのが、
【赤い大地のちから】
アフリカの大地でしか育たないルイボスはポリフェノールたっぷり。オレンジスパイシーな紅茶っぽい味に仕立てました。もちろんノンカフェインなのでおやす み前にも安心です。クローブ、シナモン、ジンジャーが発汗を促し、代謝UPしてくれそう。カモミールがほんのり甘くて優しい香り。寒い日に抽出して、ミル クや豆乳、蜂蜜などでチャイっぽくしてもGOOD!▶http://shop.tamacha.net/?pid=66788261

16051100000011

店頭では、これらのブレンドだけでなく、お客さまのコンディションやお好みあわせたブレンドを試飲ともにご案内いたします。どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。